痩身エステ良くぞ
ホーム > 出会い > 女性と出会える場として立ち飲みバー

女性と出会える場として立ち飲みバー

女性と出会える場として立ち飲みバーというものがあります。

座り席があるラウンジなどと違って立ち飲みバーには、異性と出会いやすいという特徴がいくつかあるので、解説していきます。

立ち飲みバーの長所

気軽に動ける

立ち飲みバーへ行くと、座るところがないので、好きなところへいくらでも行き来することが出来るというメリットがあります。

なので、話しかけたい女性がいれば、何の違和感もなく近づいていくこともできちゃいます。

距離が近い

ラウンジのような着席形式であれば、テーブルを挟んで女の子と向かい合うパターンが常識ですが、立ち飲みバーであれば、相手のすぐ横に近付くことも出来ちゃいます。

こういった距離感が、異性との関係を深められる重要な要素となります。

コスパが良い

立ち飲みバーでは、着席して、ゆったりウイスキーなどを飲みつつ時間を過ごすという形ではありません。

そういった意味で、1杯2杯だけたしなむ程度でもOKですし、連れの友達がいなくても構いません。

そして、座るところがないので、費用も安いので、立ち飲みバーでの費用対効果は非常に良いと言えるんです。

立ち飲みバーの短所

しかし、その一方で、立ち飲みバーで出会いを実現したい人は、次のような点に気を付けてください。

体力を使う

立ち飲みバーは、当然ですが、座れないので、結構、疲れます。

それに、人の行き来が多いので、ゆったりとお酒を楽しみたい人には向いていません。

落ち着いて話すことは出来ない

立ち飲みバーの中で人が集まりやすいお店だと非常に賑わっています。

活気があるのはいいことなんでしょうが、逆の意味ではうるさいとも言えます。

そうなったら女の子と落ち着いたトーンで話すのが、難しく、声のボリュームを上げないといけません。

社交性がないと厳しい!?

このようなお酒の席では、詰まる所、社交性が問われて来ます。

社交性がないと、立ち飲みバーのお店の中でも女性に話しかけたり、いろいろ会話をすることは、それなりにハードルが高いです。

そういった意味で、人間関係が苦手な方は、立ち飲みバーへ行くより出会い系サイトで女性を探す方がオススメです。

出会いは和歌山でも可能?